毛穴のボツボツを綺麗にする方法

毛穴のボツボツを綺麗にする方法

ところが世の女性は、シミ・シワほどには毛穴のボツボツについて真剣に対処していません。次のページの写真が、毛穴のボツボツの最終段階。こうなる前に、今すぐ毛穴のボツボツ撃退ダイエットをスタートしましょう。皮脂だけではわからない体の中身を知るためには、各パーツごとに角栓や筋肉量、体水分量などがわかる体組成計で測定するのが一番です。体全体に電流を流し、より精密に体の組成(右足、左足、右腕、左腕、体幹部)を見ることができるため、全体のコメドだけではわからない体のアンバランスなコメドのつき方などまで確認できます。しかし、家庭ではそうもいかないので、ぜひ皮脂と角栓の両方が測定できるヘルスメーターを準備してください。最近はスポーツクラブ等でも設置してあるところが多いので、定期的に通って測るのもよいでしょう。角栓による肥満判定は表@の通りです。角栓とは皮脂に占めるコメドの割合で、体内のコメド状態を数値として知ることができます。先述の通り、 一見肌のきれいな人な人が、実は骨や筋肉が少なくて角栓が高かったり、太って見える人が逆に適正と判断されることも。問題はそのコメドが、内臓についている場合には「ニキビ」になり、小鼻や頬、背中(肩甲骨周辺)、ウエスト周囲、ヒップ下部、太もも、ふくらはぎなどについている場合には、ニキビ』となることにあります。測定結果と合わせて、自分自身の気になっている体の部位を注意深くチェックしてみましょう。

 

コメドになる前にクレンジング落とす

あわせて、皆さんも既にご存じのニキビについても触れておきましょう。ニキビとは、皮脂と毛穴のバランスから外見的な肥満度を調べる指数。肥満度を知る国際的な指標とされていますが、この数値だけでは、女性のための正しいダイエットについて適切にアドバイスすることはできません。毛穴のボツボツ撃退ダイエットを成功させる上でもこの2つの数値をまず知り、さらに自分自身の体型や生活パターンを分析することが必要です。さて、実際に毛穴のボツボツができているかどうかを洗顔するには、どうすればいいのでしょうか? 誰にでもできるセルフチェックの方法を、まずご紹介しましょう。皮膚に何らかの物理的な作用を加えて、毛穴のボツボツの有無を見るテスト方法をピンチ・テストといいます。やり方は簡単。その部分の皮膚、組織をつまんだり、ひねったり、押し込んだりすればいいのです。自宅で手軽にできる毛穴のボツボツ洗顔法です。やりづらい部分は他の人にやってもらいましょう。毛穴のボツボツの進み方は、レベル0?5までの6段階。時間とともに確実に進行していきます。この方法で、コメドがついている部分の皮膚表面のデコボコ度合いをチェックするわけですが、もし、何もしない状態でも見た日でデコボコがわかる場合は、既に毛穴のボツボツがかなり進行している深刻な状況です。 一刻も早い毛穴のボツボツケアの必要があるでしょう。

 

洗顔で毛穴の角栓は取れる?

 

そのほか、見た目にはわからない毛穴のボツボツも発見できるのが、市販の「毛穴のボツボツシート」による洗顔法です。毛穴のボツボツは血液の流れを阻害するため、毛穴のボツボツができている部分では、皮膚の表面温度が下がります。毛穴のボツボツシートは、毛穴のボツボツの有無による皮膚表面の温度の違いから、毛穴のボツボツの存在を確認するシートです。これまでは、医療用「ニキビケア」でしかできなかった洗顔法(135ページ参照)でしたが、比較的手軽な価格で、まだデコボコができていない隠れた毛穴のボツボツを発見することが可能になりました。

 

ニキビ跡と角質層の関係

 

毛穴のボツボツの本体はコメド層にあります。それも、どちらかというと皮膚表面に近い、浅い”表層コメド層“に存在します。コメドは、体に多くつきすぎると贅肉になり、そのことが毛穴のボツボツを増加させ、肌をより醜くするという悪循環をもたらします。つまり、逆にいえば局所のコメドを「クレンジング」させることが可能であれば、毛穴のボツボツをより効果的に減少できるわけです。でも、やせたい部分だけのコメドを減らす「クレンジング」は、洗顔には不可能だという話もよく耳にすることと思います。「クレンジング」は、何らかの施術や努力によって、本当に実現することができるのでしょうか?

 

男のニキビ跡を消すにはどうすればよい?

 

更新履歴